ラインスタンプ

シンガポールを制覇した気分になれる、マリーナベイサンズ・天空プールからの絶景

 シェアする

2018年01月05日 22:45 記事/mimi

数年前に放送されたSMAPが出演するソフトバンクCMに登場したことで有名になった、シンガポール・マリーナベイサンズの屋上にあるインフィニティプール。摩天楼を見下ろすその迫力の景色と超高層ホテルの屋上に船が乗っている外観など、何もかもインパクトが強烈で、

シンガポールを制覇した気分になれる、マリーナベイサンズのプールからの絶景

「あれはどこ?!」「あのプール凄い!!」「行ってみたい!!」と、一躍 注目の的になりました。

マリーナベイサンズは、巨大なエンタメ総合施設。ホテルを中心に、様々な施設・サービスが集まっていますが、その中でもこの建物の代名詞となっているのが、インフィニティプールです。

しかしプールに入るには「ある条件」が必要なのでご注意を。現地で思い立って行こうとしても、プールに立ち入ることが出来ない場合があるのです。

マリーナベイサンズの屋上プールの魅力と「よくある疑問」、そして注意点をまとめてご紹介します!

sponserd link
ad1

マリーナベイサンズの屋上プールは、宿泊者しか入れない!

シンガポールで大人気の、マリーナベイサンズの「インフィニティプール」ですが、誰でも気軽に利用できるわけではありません。あのプールは、マリーナベイサンズのホテルに宿泊した人しか利用できないのです。

インフィニティプールで過ごす時間を味わえるのは、宿泊者の特権!なのですね。

マリーナベイサンズのプールは、宿泊客しか入れない

しかし、マリーナベイサンズは超高級ホテル‥‥。バスタブなし、眺めがイマイチ(ガーデン側)の一番安いタイプのお部屋でも、1人1泊3~4万円前後とお高く、なかなかハードルが高い。

旅行会社のパンフレットにも「最終日に1泊だけ、憧れのマリーナベイサンズに宿泊できるプラン」などが用意されているほどです。

どうしても宿泊するのはムリという方はプールに入ることはできませんが、プールと同じフロアにはレストランやバーがあるため、そちらを利用すればプールの雰囲気やプールで楽しんでいる人の姿は見ることが出来ます。

マリーナベイサンズのプールが見られるレストラン
レストランからもプールは見える

とはいえ、プールが見えるレストランもまた人気があるため、予約しておいたほうが良さそうです。

また、宿泊していなくてもマリーナベイサンズの屋上にある展望台には一般客も入ることが出来ます(有料)。ここからの眺めも素晴らしいので、プールに入れなかった方は、ぜひ展望台へ!

インフィニティプールの利用は、チェックイン後から翌日11時まで

マリーナベイサンズのホテルの宿泊客は、インフィニティプールが無料で利用できます。1泊の場合、利用できるのはチェックイン直後から、翌日のお昼・11時まで。11時を過ぎると課金される可能性がありますのでご注意を。

マリーナベイサンズ、ルームキーはプールへの通行証
ルームキーはプールへの通行証

インフィニティプールは、宿泊客が持つカードキーで出入り可能。プールのフロアには更衣室はありませんので、客室で水着に着替えて、部屋に用意されているバスローブを羽織ってプールに向かいます。

マリーナベイサンズにはエレベーターが幾つもあり、それぞれ泊まる階が異なるためご注意を(初めてだと結構迷います)。57階に到着しカードキーでプールエリアに入場すると、いきなりあの風景が目に飛び込んできます。

マリーナベイサンズ、インフィニティプール

クゥーーーーーーーッ!

筆者がこのインフィニティプールに訪れたのは11月ですが、シンガポールは年中常夏!平均で最高気温が30度を超えているため、プールも年中楽しめます。

正面には小さく、マーライオン公園も見えます。

マリーナベイサンズ・天空プールから見たマーライオン

プールに来たら、まずはタオルコンシェルジュに立ち寄ってバスタオルを貰いましょう。(※もちろん無料)

マリーナベイサンズ、タオルコンシェルジュ

次に、バスローブなどを置いておく自分の席・ラウンジチェア(プールサイドにあるリクライニング型の椅子)を確保します。

マリーナベイサンズ、プールサイドのベンチ

プールに一番近いラウンジチェアは、プールにせり出すように設置されています。

マリーナベイサンズ、プールサイド

プールにはロッカーがありません(これ困りました)。どんなに荷物を最小限にしても、カードキーはプールエリアに立ち入るために必要ですし、カメラも持っていきたい。

しかし、ロッカーが無いので泳ぐときにはプールサイドに置いておくしかないため、出来るだけ目の届く場所に置いて、盗難には気を付けましょう。

ちなみに、プールは結構深さがあり、身長約160cmの筆者で胸よりも上に水面がきます。インフィニティープールでは浮き輪の使用はNGですが、小さな子供でも安心して入れるキッズプールが南側の端に用意されていますよ。

プールから落ちたりしない?プールの端は一体どうなっているのか

天空に浮かぶ、巨大なプール。その先にはシンガポールの高層ビル群が並んでいます。なんという景色…。当然、プールの端まで行って、下をのぞき込んだり景色を堪能する人が多いわけですが、

マリーナベイサンズのプールから、落ちたりしない?

プールから落ちたりしないか、気になりますよね。

シンガポールのプール、落ちないのか
おいおい…

実際にマリーナベイサンズのインフィニティプールの端まで行ってみると、以下のような構造になっていました。

マリーナベイサンズのプールの構造

プールの端は、溢れた水を受ける溝が作られているため、水が下に落ちてしまうことは無い。さらに、万一人が端から身を乗り出しても落ちないように溝の外側には壁と通路があり、さらにその外側には柵も設置されていました。

そのため、すぐ真下を見下ろすことは出来ないものの、安全対策はバッチリ。安心してプールを楽しめます。とはいえ、プールの端に立ったり座ったり、身を乗り出す行為はもちろん禁止。

プールでは監視員が常に目を光らせている

プールサイドでは常に監視員が目を光らせているので、少しでも身を乗り出したりすれば、大きな笛の音で警告された後 怒られますのでご注意を。

マリーナベイサンズ・天空プール

プールはマリーナ側、では反対のガーデン側はどうなっている?

インフィニティプールがあるのは、57階フロアのマリーナ側(シティービューで湾になっている方)の中央部分ですが、

インフィニティプールは、57階フロアのマリーナ側中央にある

その反対側は、どうなっているかご存じですか?

インフィニティプールの反対側

プールの反対側には、緑がたくさん植えられたゾーンがあり、木陰で一休みしたり、

インフィニティプールの反対には木陰のベンチ

数か所に、小さなジャグジーも設置してあります。このジャクジーは温水なので、寒くなったら温まりに来たい。が、結構人気のため、常に誰かが陣取っています。

マリーナベイサンズ屋上にジャグジーも

こちら側からは、人気の観光スポット「ガーデンズバイザベイ」や、その沖の海に停泊する沢山のタンカー船などが見渡せます。

ガーデンズバイザベイや、大型船が見える

夜になれば、ガーデンズバイザベイの音楽と光のショーが開催されるので、ここからも綺麗に見ることができますよ!

インフィニティプールからの夜景は最高!

昼間のインフィニティプールからは、眼下に広がる景色や、遠くに広がる街の風景などが楽しめますが、夜はガラリと雰囲気が変わって美しい夜景が広がります。

マリーナベイサンズのプールからの夜景

常夏のシンガポールとはいえ、冬の夜はさすがに少し涼しくなります。そのため、あんなに昼間は暑かったシンガポールでも、夜のプールは少し寒く感じます。

が、それでも是非!とオススメしたくなるほど夜景が本当に素晴らしい。

インフィニティープールからの夜景

インフィニティープールの夜景

以下の動画は、マリーナベイサンズ「インフィニティープール」の夜の様子。


観光ピークのシーズンだと、夜のプールもかなりの人で賑わうと思いますが、ピークを外せば人も多すぎず、ゆったりとプールを楽しめます。

インフィニティープールからの眺めは、昼間も夜もどちらもいいので、ぜひ2回入ってみてください。早朝6時からプールは利用可能なため、朝陽がのぼる時間帯も綺麗な風景が楽しめそうです。

マリーナベイサンズの楽しみ方

ad2


あわせて読みたい


edit 『 街ネタ・女子旅 』の一覧

ラインスタンプ

前の記事 / 次の記事

関連タグ

ページ上部へ