前の20件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

東京にスタバの工場カフェが登場!国内初のロースタリー、巨大店舗をオープン

スターバックスリザーブロースタリーが、東京都中目黒に2018年オープンします!このスタバ店舗「スターバックスリザーブロースタリー」はなんと。世界で4番目の店舗で、

スターバックスコーヒーが、日本で初めてオープンする工場併設型の店舗!

東京・目黒にロースタリー、スタバが国内初の巨大店舗をオープン

スターバックスリザーブロースタリーは、世界中から調達した個性的で希少なコーヒー豆(スターバックスリザーブ)の焙煎や抽出・ドリップまで行っている工場が併設されています。

生豆が運ばれてくるところやコーヒースペシャリスト・マスターロースター(仕入れや焙煎を行う人)との会話、こだわりのコーヒーを楽しむことが出来ます。

ロースタリーはスターバックスの本拠地・シアトルに2014年にオープンし、「スタバ史上、最も成功した店のひとつ」と言われているほど。その後、2017年には上海、2018年にはニューヨークにロースタリーをオープン予定。

日本にオープンする店舗の敷地面積は、1200平方メートルもの広さになるようです。

オシャレすぎる猫カフェ モカ(MoCHA)東京に続々オープン、秋葉原・竹下通りにも

天井からぶら下がる鳥かごのようなあそび場や、キャットタワー、壁のいたるところに段差…と猫がイキイキと遊ぶ様子が想像できて、インテリア的にもオシャレな猫カフェ「モカ(MoCHA)」が、2016年10月19日に東京・秋葉原にオープンしました。

オシャレすぎる猫カフェ モカ(MoCHA)東京に続々オープン、秋葉原・竹下通りにも

猫カフェ モカ(MoCHA)は、2015年2月に池袋西口にオープンした後、渋谷、原宿、池袋東口、そして秋葉原…とここ2年で店舗を急激に増やしている注目の猫カフェチェーン。

猫カフェは全国的にも営業を行っているところはたくさんありますが、「モカ」が特徴的なのは、「猫のごはんタイム」がイベント的に行われることや、店内のインテリアがステキなところ。猫だけじゃなく、来店するお客さんもテンションが上がるような店内が魅力的です。

徳島の絶景、かずら橋を渡ってみた!蔓を編みこんで造った橋はスリル満点

四国・徳島県の人気観光スポットで、最近ではGoogleアプリのテレビCMにも登場し話題になっている、祖谷(いや)の蔓橋(かずら橋)。

徳島の絶景、かずら橋を渡ってみた!蔓を編みこんで造った橋はスリル満点

かずら橋は、平家の落ち武者が源氏の追手から逃れてこの地に潜んだときに、万一追手が迫ってきてもすぐに刀などで切り落とせるように蔓(シラクチカズラ)を編んで架設したという伝説のある橋。

徳島県の絶景、祖谷のかずら橋

蔓でつくられている橋のため、見た目も非常に個性的。

かずら橋、蔓(シラクチカズラ)を編んで架設した

かずら橋、3年ごとに架け替え

編み込まれている蔓を見ていると、「渡って大丈夫なのか…?」と少々心配になる部分もあったりしますが、これも落ち武者の狙いでしょうか。

もちろん安全面を考慮して、現在は3年ごとに架け替えられているんだそうですよ。

品川新駅 2020年完成へ!JR山手線に新駅、屋根は折り紙モチーフ

JR東日本が、JR品川車両基地跡地内に建設する新駅「品川新駅(仮称)」の完成イメージを2016年9月6日に公開しました。

品川新駅 2020年完成へ!JR山手線に新駅、屋根は折り紙モチーフ

「グローバルゲートウェイ品川」をコンセプトに、JR品川駅と田町駅の間(品川駅から900mの辺り)の街づくりで新駅をつくろうと2014年から設計が進められていたもの。

新国立競技場やスターバックス太宰府天満宮表参道店などなど世界的で多くの建築物を手掛けてきた隈研吾氏が設計を担当。

品川新駅(仮称)は、東京オリンピック・パラリンピックが開催される2020年春に暫定開業、本開業は2024年を目指して“街びらき”を行う予定となっています。

大鳴門橋うずしおウォーク、渦潮見ながら特別なコースで見学を

兵庫県の淡路島と徳島県を結ぶ「大鳴門橋(おおなるときょう)」。

約1340mにも及ぶこの大きな橋は、普段からのメンテナンスなどにより守られています。この橋を守る関係者の方々が使用する、普段は一般客が立ち入れない大鳴門橋の管理用通路を歩いて渡る事ができるツアー「大鳴門橋ウォーク」が2016年10月1日・2日の2日間行われます。

大鳴門橋うずしおウォーク、渦潮見ながら特別なコースで見学を

大鳴門橋の下には、淡路島・徳島の観光ポイントのひとつ「渦潮(うずしお)」が見られる事でも知られています。

鳴門海峡の流れが速い「本流」と浅瀬の異なる潮の流れから発生する「渦潮(うずしお)」は大きいものになると直径20mにもなり、世界最大級ともいわれます。

今回企画されている「うずしおウォーク」は、そんな迫力のうずしおを眼下に眺めながら管理用通路を歩くことができるチャンスです。(昼食には鯛丼付き!)

ご当地アイスが100種類!アイスクリーム万博「あいぱく」大阪エキスポシティで開催

日本全国のおいしいアイスクリームを販売するイベント、アイスクリーム万博が2016年9月22日~25日の4日間、大阪の万博記念公園内「エキスポシティ」にて開催されます。

アイスクリーム万博「あいぱく」、大阪エキスポシティで開催!あの信玄餅アイスも

アイスクリーム万博、略して「あいぱく」は、2015年から各地で開催されて人気を博している話題のイベント。今回エキスポシティで開催される あいぱくでは、全国から集まったおいしいご当地アイス約100種類(予定)を販売!

中には、アイス好きの間で「一度は食べたい!」と話題になっているプレミアム桔梗信玄餅アイス(山梨)や、意外すぎる組み合わせの 焼ナスのアイス(高知県)などのほか、あいぱくオリジナルのハーゲンダッツサンデーも登場。

アイスクリーム万博(あいぱく)
あいぱくオリジナル / ハーゲンダッツサンデー

アイスマニアから、若い女性、ファミリーなどいろんな人が楽しめそうなご当地アイスの祭典。

アイスクリーム万博(あいぱく)は9月22~25日まで、エキスポシティ1階「空の広場」にて10時~18時まで開催。

氷じゃないスケート場「豊田合成リンク」愛知に11月オープン!濡れない冷たくナイ!

転んでも濡れない!冷たくない!だから、通勤・通学の帰りにも気軽に遊べると好評を得た「氷じゃないスケートリンク」が、「豊田合成リンク」と名前を新たにオアシス21 銀河の広場(愛知県名古屋市)に帰ってきます。

氷じゃないスケート場「豊田合成リンク」愛知に11月オープン!濡れない冷たくナイ!
豊田合成リンク 今年度の開催イメージ

豊田合成リンクは、これまで氷を使っていたスケートリンクにアメリカ製の樹脂リンク「スーパーグライド」を使用。

特殊プラスチックパネルの表面にオイルワックスを噴霧し、スケート靴を使用して氷上と変わらない感覚で滑ることができる。

しかも、滑っているときは氷のような不安定感はなく、初心者でも比較的簡単に立つことができるので、子供たちにも安心。誰でも楽しむことができます。

栄オアシス21には2009年に初登場し、今年で8年目を迎えるアクティビティ。今年は夜間のイルミネーションがパワーアップ、さらに人気のスポットとなりそうです。

沼津浜焼きセンター 海女小屋で海鮮浜焼きが食べ放題!

静岡県沼津市に、南伊豆の現役海女さんが全面プロデュースした海鮮浜焼き食べ放題の店「沼津浜焼きセンター 海女小屋」があります。

沼津浜焼きセンター 海女小屋で海鮮浜焼きが食べ放題!

ここではとれたてのエビ・ホタテ・サザエなど高級な魚介類が80分間食べ放題!海の幸を食べ放題にできるなんてお得感満載。さらに、朝ドラで話題となった “東北の海女ちゃん” の衣装を着たスタッフが店頭に立ってお出迎えしてくれる。

ヘルシーな海鮮食べ放題とあって女性にうれしいですが、店員さんの制服もかわいらしいので男性も喜びそうなお店です。

ドクターイエロー車内見学も!博多で「新幹線ふれあいデー」

2016年10月16日に福岡県筑紫郡にある博多総合車両所にて「新幹線ふれあいデー」が開催されます。

ドクターイエロー車内見学も!博多で「新幹線ふれあいデー」

新幹線ふれあいデーは、JR西日本が山陽新幹線の日ごろの利用に感謝を伝えるとともに、新幹線の安全性や快適性・環境へのやさしさなどをその場で体験してもらい新幹線に親しんでもらうことを目的として行うイベント。

様々な企画が用意されるなか、注目なのが「ドクターイエロー車内見学」。

女性がツヤツヤになれる遊園地?!スペースワールドの2016夏・3大企画が秀逸

福岡県のレジャーパーク「スペースワールド」が、この夏、“女性を美しくする夏休み” と銘打ち「アホ3大企画」を実施中。

女性がツヤツヤになれる遊園地?!スペースワールドの2016夏・3大企画が秀逸

CMでもかなりインパクトを残していますが、テーマは「女性を美しくする」!

公式の発表によると、スペースワールド2016年夏の「アホ3大企画」は、これまで無かったような女子のニーズと願望を満たした内容となっています。

渋谷駅、どん兵衛の店舗が閉店「お湯入れるだけでラクだった」店主のラストメッセージ

2009年に渋谷駅内に誕生し、1か月間の期間限定営業のつもりでオープンしていた、日清のカップ麺・どん兵衛の立ち食い専門店『立ち食いどん兵衛』。

渋谷駅、どん兵衛の店舗が閉店「お湯入れるだけでラクだった」店主のラストメッセージ
写真は2013年撮影のもの

1か月限定のハズが人気が高く予想以上の反響があったため、継続して営業されていました。後に『どん兵衛屋』、最近では『どんばれ屋』と名前を変えながら、営業は延長されていたわけですが、

1メーカーの1商品の専門店が、しかも飲食店として提供するというスタイルで登場するというのは、この当時ではなかなか珍しく、かなり興味を引きました。

そんなどん兵衛の店舗が、2016年7月末で閉店。店主が残したラストメッセージが話題になっています。

VIPゴンドラも!大阪に高さ日本一の観覧車が登場、足元スケスケのシースルー

2016年7月1日より、大阪府吹田市のエキスポシティに、日本一の高さを誇る観覧車がオープンしました。

VIPゴンドラも!大阪に高さ日本一の観覧車が登場、足元スケスケのシースルー

大観覧車『REDHORSE OSAKA WHEEL(レッドホース オオサカ ホイール)』は全高123m。白く空に溶け込むような大観覧車は、日本では最も高く、世界でも5番目の高さを誇る巨大な観覧車です。

ゴンドラはすべてシースルー。座席シート以外の床面も透明のため、当然 足元もスケスケの状態。ゴンドラがのぼっていくに連れて変化していく360度の風景が丸見えです!

日本一の観覧車・レッドホース オオサカ ホイール

高所恐怖症の人には、なかなか刺激的な観覧車となりますが、視界が広いため夜景もかなり美しく見えそうです。

5000の竹灯篭とデジタルアートで「納涼 竹あかり」御船山楽園

2016年7月15日から佐賀県の御船山楽園(みふねやまらくえん)にて、「納涼 竹あかり」イベントが開催されます。

5000個の竹灯篭とデジタルアートで納涼イベント、佐賀・御船山楽園

御船山楽園は15万坪の庭園を誇る池泉回遊式庭園。佐賀県武雄市のシンボル的存在でもある「御船山」の断崖を背景に作られた庭園を

およそ5000個の竹灯篭が色とりどりに光を放ち、園内の湖面全体をキャンバスとして「チームラボ」がデジタルアートで演出を行います。

鬼太郎ファン必見!鳥取のご当地Edyカードが妖怪デザインで可愛い

鳥取県内にて、とても目につくご当地Edyカード(エディカード)が発売されていました。それが「ゲゲゲの鬼太郎」のキャラクターを全面に描いた「鬼太郎Edy」。

鬼太郎ファン必見!鳥取のご当地Edyカードが妖怪デザインで可愛い

エディカードは、カードに事前入金して、コンビニなどEdy加盟店でのお買い物時に使用できる電子マネーカード。

鬼太郎Edyを発行している山陰信販(本社:鳥取県米子市)によると、「鬼太郎Edy」カードの本体価格はそれぞれ1600円で、デザインは

鬼太郎・目玉おやじ・ぬりかべ・一反木綿・ ねずみ男がそれぞれアップで描かれているものと、妖怪が大集合しているバージョンの全部で6種類。

カードの形がそのままキャラクターの輪郭になっている「ぬりかべ」なんて、持っていたらなかなかシブいです。

九州の高速が乗り放題!九州観光周遊ドライブパスが7月スタート

マイカーで旅する人に嬉しい高速道路プラン、「九州観光周遊ドライブパス」が2016年7月15日から利用開始となります。(申し込みは7月1日から)

九州の高速が乗り放題!九州観光周遊ドライブパスが7月スタート

九州観光周遊ドライブパスは「事前申し込み」しておけば高速道路が定額・乗り放題利用ができる!というもの。

これには2つのプランが設定されており、九州からの出発に便利な「九州エリア乗り放題プラン」と中四国・関西エリアからの利用者にお得な「往復料金セットプラン」があります。

前の20件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

ページ上部へ