前の20件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

ご利益3倍!?うるう年のお遍路「逆打ち」、四国霊場八十八か所巡りに熱視線

厄除けの他、癒し・自分を見つめる旅・還暦を機に…とひとそれぞれの想いを胸に毎年多くの人が訪れる四国霊場八十八か所巡り。

ご利益3倍!?うるう年のお遍路「逆打ち」、四国霊場八十八か所巡りに熱視線

八十八か所巡りをする方を「お遍路さん」と呼ぶそうですが、そのお遍路さんの間で2016年「うるう年に逆打ちをするとご利益が倍増する」…と話題になっています。

四国の海側をぐるりと一周するこの旅は元々は僧侶の修行として行われていたというもの。簡単にできるものではないからこそ、普通にまわるよりもご利益があるとなると、これに合わせて行きたいですよね。

そのポイントとなる「逆打ち」「うるう年」とお遍路参りはどういう関係があるのでしょうか。

佐賀で夜景プロジェクションマッピング、華やかな映像が県庁で常設展⽰へ

佐賀の夜に、キラキラ輝く夢の世界が広がる!佐賀県は2016年の夏から、夜景プロジェクションマッピングを常設すると発表しました。

佐賀で夜景プロジェクションマッピング、華やかな映像が県庁で常設展⽰へ

夜景プロジェクションマッピングとは、佐賀の夜景と、プロジェクションマッピングを融合させたもの。

美しい映像が映し出されるのは佐賀県庁展望ホール(佐賀県佐賀市城内1丁目1-59)で、ここに2016年7月18日から常設展示することになります。

プロジェクションマッピングでは夜景のほか、佐賀がまだ海だった頃から、自然豊かな街へと発展していく様子や、様々な文化、

星空へいっぱいに舞い上がる熱気球(バルーン)の風景や、佐賀城天守閣が蘇るシーンなど、佐賀の魅力を詰め込まれています。

京都迎賓館を通年一般公開へ!2016年7月末より

赤坂迎賓館(迎賓館 赤坂離宮)の通年一般公開が2016年4月19日からスタートとなりましたが、これに続いて京都迎賓館も2016年7月下旬頃より一般公開を通年で実施する見込となりました。

京都迎賓館を通年一般公開へ!2016年7月末より
Photo / 京都迎賓館 ものづくり ものがたり

迎賓館の一般公開は、観光庁が「世界が訪れたくなる日本」を目指す観光ビジョンの実現に向けて打ち出しているプランの1つ。

日本の美術や芸術・文化を結集して造られた赤坂・京都迎賓館を、日本人はもちろん、外国からの観光客にも公開することで日本のすばらしさをアピールする狙い。

角島大橋を見下ろす特等席カフェ、山口 ガッビアーノでリゾート気分

山口県下関市の人気観光スポット・角島大橋を望む丘の上にリゾート感を感じながら食事やカフェが楽しめる「ガッビアーノ(GABBIANO)」があります。

角島大橋見下ろす特等席カフェ、山口 ガッビアーノでリゾート気分

角島側から角島大橋を渡って海の上を走行していると、目に留まる丘の上の白い建物。

山口 ガッビアーノ 外観

小さなホテル?式場?カフェでしょうか?気になって近寄ってみると、建物のそばに看板が。

山口 ガッビアーノ 外観2

パスタやピザなどの軽食やコーヒー・デザートがいただけるカフェでした。

山口 ガッビアーノ 外観3

白い建物の扉をあけると、小さなお店ながら、日本海の大海原を眺めながらゆっくりと過ごせる空間が広がっていました。

光の滝に花園ライトアップ等、イルミネーションランキング1位のハウステンボスが凄い

お花の綺麗な季節。九州・ハウステンボスでも、6月13日までバラ祭りが開催されています。

光の滝に花園ライトアップ等、イルミネーションランキング1位のハウステンボスが凄い
photo / huistenbosch.co.jp

2000種ものカラフルで華やかなバラたちが、120万本も咲き乱れる美しい花の園に。昼間に生き生き咲くバラも美しいですが、夜になるとライトアップされ、またグッと雰囲気UPした風景が広がります。

イルミネーションといえば、全国的に「冬の夜を彩るイベント」というイメージが強いですが、全国イルミネーションランキングで3年連続1位を獲得しているハウステンボスは、春・夏・秋もイルミネーションが楽しめる。

ハウステンボスでは、年中 光の世界を楽しむことが出来るよう、「光の王国」と題して様々なイルミネーションを実施しており、これがステキなのです。

福岡は「くたくたのうどん」が人気、唇で切れる柔らかうどん

ラーメン、明太子、もつ鍋…と福岡県の名物はたくさんで意外と知られていないものの、福岡県民が愛してやまない「地元の味」を持つのがうどん。

福岡は「くたくたのうどん」が人気、唇で切れる柔らかうどん

うどんといえば「うどん県」のキャッチフレーズでも知られる香川県のイメージが強いですが、福岡でもラーメンと同じくらい人気があって店舗も多い「うどん」。

一般的にうどんに求められる「コシ」は、福岡のうどんにはほぼなく、「麺を箸で持ち上げると切れる」「唇で切れる」「うどんは飲むもの」と福岡人が例えるように、柔らかいのが特徴。

ということで、地元民おすすめのうどん屋さんに連れて行ってもらいました。

肉球の香りハンドクリーム!?フェリシモ猫部 ポップアップショップで発売

猫好きが集まる「フェリシモ猫部」のポップアップショップが、2016年5月に アミュプラザ鹿児島/広島パルコ/プランタン銀座/浦和パルコに登場します。

肉球の香りハンドクリーム!?フェリシモ猫部 ポップアップショップで発売

猫好きさんの意見を反映して商品化され話題・入荷待ちになっていたグッズもショップに登場し、実際に手にとってお買い物できちゃいます。

ひっかき傷の絶えない猫のご主人さまたちにうれしい「にゃんそうこう」や、「肉球の香りハンドクリーム(人間用)」など、猫好きならではの商品が並び各地で好評を得ているようです。

カフェくるくま、沖縄の絶景見渡すカレーとアジアンフードの店

沖縄らしい青い空と海を見渡しながら食事やカフェを楽しめる アジアン・ハーブレストラン「カフェ くるくま」。

カフェくるくま、沖縄の絶景見渡すカレーとアジアンフードの店

くるくまは沖縄県南部・南城市にあります。那覇空港に降り立った時の街の賑やかさとは異なり、風や波の音が聞こえるのどかな場所。

こちらでいただける食事はカレーを中心とした本格アジアンフードたち。メニューは地元グルメという訳ではありませんが、沖縄らしい青い海が見える絶好のロケーション。南国感が漂うスポットのため、特に晴れた日にオススメのお店です。

あしかがフラワーパークに世界一の大藤!紫・白・黄色の藤棚、ライトアップも

栃木県足利市にある「あしかがフラワーパーク」で、世界からも注目される美しい藤棚が見ごろを迎えています。

あしかがフラワーパークに世界一の大藤!紫・白・黄色の藤棚、ライトアップも

あしかがフラワーパークでは季節ごとに様々な花が見られるよう管理されていますが、その中でも特に注目を集めているのが「藤棚」。

毎年4月中旬頃から桜色の「うす紅藤」、4月下旬から「大藤・むらさき藤」、5月上旬頃に「白藤」、5月上旬頃から「きばな藤」が段階的に満開を迎え、来園者を楽しませます。

あしかがフラワーパーク チラシ

目玉は、樹齢150年・広さ1000平方メートルの「世界一の大藤(栃木県指定 天然記念物)」。日本から唯一、CNN「世界の夢の旅行先10か所」に選ばれ、海外からの見物客も多いスポットです。

全国7か所でアイス無料配布、アイスクリームフェスタ2016

アイスの有名メーカーなどでつくる日本アイスクリーム協会が、2016年5月に全国7か所でアイスの無料配布を行うイベント「アイスクリームフェスタ2016」を開催。

全国7か所でアイス無料配布、アイスクリームフェスタ2016

アイスクリーム協会は昭和39年(1964年)に、5月9日を「アイスクリームの日」と制定。

気温が高くなるこの時期 “アイスクリームシーズンの到来”を知らせ消費拡大を願うため、アイスクリームの日を中心に全国各地で「アイスクリームフェスタ」を毎年実施しています。

アイスクリームフェスタ2016は5月7日の仙台会場を皮切りに、名古屋・東京・札幌…とすでに5月9日までで4か所開催済み。今後は西日本の3か所で開催予定です。

新茶の収穫最盛期はゴールデンウィーク!福岡県八女市の茶摘み風景

太陽の光を反射するほど山々の新緑がピカピカと美しく輝く季節。ゴールデンウィーク頃になると、お茶の産地・福岡県八女市などで新茶の収穫が最盛期を迎えます。

新茶の収穫最盛期はGW!福岡県八女市の風景

福岡県八女市上陽町(じょうようまち)。山々に囲まれた畑は黒いシートで覆われており、まるで小さなビニールハウスが連なっているように見えます。

八女茶の茶畑 画像2

「茶畑」というと、緑色の茶葉が一面に広がるイメージですが、新茶の収穫を控えた茶畑は、こんな感じ。

八女茶の茶畑 画像3

5月頃に収穫期を迎える新茶(一番茶)は、前年から蓄えられた栄養分が豊富に含まれ、香りも良い一番おいしいお茶。「おいしいお茶の淹れ方」でも触れたように、お茶には旨み成分の「テアニン」という成分が含まれますが、日光に当たると「カテキン」に変わる。

カテキンは美容や健康に良いものですが、渋み成分でもあるため、農家の方は新芽が出てから日光に当てないようにこういった黒いシートを収穫の直前まで被せておくのだそうです。

高知県の鯉のぼりは「カツオ」が泳ぐ!カツオと鯉のぼりの川渡し

こどもの日といえば鯉のぼり!ですが、高知県では「鯉」と同時に「カツオ」がおよそ100匹、青空を泳ぐイベント「カツオと鯉のぼりの川わたし」が2016年は5月7日まで開催されています。

高知県の鯉のぼりは「カツオ」が泳ぐ!カツオと鯉のぼりの川渡し

このイベントが行われている高知県幡多郡の黒潮町 佐賀支所によれば、地元有志の方によって平成13年から毎年「鯉のぼり」と「カツオのぼり」を伊与木川河岸に揚げているのだとか。

お父さんから子供までが並ぶカラフルな「鯉のぼり」も良いですが、同じサイズと色で一斉に泳ぐ「カツオのぼり」の風景も、ご当地感が出ていてイイですね!

東京土産 うふプリン、卵の殻入りスイーツ 品川駅ナカなどで

たまごの殻を器にしたちいさな「うふプリン」。品川駅(東京都東京都港区高輪3-26-27)でショーケースに並んでいた可愛い卵型のスイーツに目がとまりました。

東京土産に うふプリン、品川駅ナカで買えるカワイイスイーツ

うふプリンは、東京都目黒区柿の木坂に本店を構える洋菓子の店「Cuatre(キャトル)」のスイーツで、品川駅ではエキュート品川サウス(駅ナカ)に店舗が入っています。

こちらでは、バラ売りから4種4個入りセット、10個入りセットなどが卵パックに入ったようなパッケージで売られていました。

ピンクSLが鳥取に出現!期間限定のラブトレイン

鳥取県の東部、八頭郡若桜町若桜の若桜駅(わかさえき)に、2016年5月1日から期間限定でピンク色のSLが登場します!

ピンクSLが鳥取に出現!期間限定・恋のパワースポットに!?

ピンクSLは、C12形167号機をピンクの塗料で塗りあげてつくるもので、上記写真はイメージ図。現物はもう少し優しい色になる予定とのことですが、「SL=黒」というイメージを覆すインパクト大の代物になることは間違いなさそう!

鳥取県ではこれまで、「ピンク華麗(カレー)」や「ピンク醤油」といった、ピンク色の食べもので話題になっており、さらに鳥取県内の駅 「恋山形駅」もピンク一色に染められて、何かと「ピンク」で盛り上がってます。

GWは全国ネコ三昧!猫好きにたまらん写真展 15か所で

NHK BSプレミアム「岩合光昭の世界ネコ歩き」などで番組も持つ動物写真家 岩合光昭さんの「ネコ」の写真展が、2016年のゴールデンウィーク(GW)中に全国15会場で開催されます。

GWは全国ネコ三昧!猫好きにたまらん写真展が15か所で
ご主人同士が仲良しです。福江島長崎県(c) Mitsuaki Iwago

世界中のネコを求めて動画・写真の撮影に赴くことは、岩合さんにとって仕事を超えたライフワークに。そんな彼が世界各国で撮影したネコの写真展を、そごう・三越・大丸など各地の大手百貨店で開催されます。

テーマは会場によって異なる場合がありますが、日本各地のふるさとでのんびりと生きるネコや、日本とは異なる文化の中で生きるネコなど、様々なネコちゃんたちの姿が並びます。

前の20件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

ページ上部へ